叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて ネタバレ4話 1回だけよ…叔母さんは下着を脱ぎ始めて…

叔母さんの肉体が気持ち良すぎて4話

 

『叔母さんの肉体が気持ち良すぎて』

4

「興奮して寝れないよ」

翌夜、

また寝室に幸平がやってきます。

そして、恭子おばさんの股に股間を
擦りつけてきます。

「夫が隣でねているのに…」

そんな、恭子叔母さんはベッドの上で、
幸平に…。

初めての快感に、
その行為は終わらない…。

無料お試し読みはコチラ

<<<クッリク>>>
↓   ↓   ↓

ハンディコミック【【10円CP】叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてver2[フューチャーコミックス]】LP1※スマホ専用

 

【Handyコミック】スマホ専用・登録無料
1話64P(64円)1巻194円

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて ネタバレ4話

 

「おばさんの体の中に…」

 

幸平は翌夜

恭子叔母さんのベッドにもぐりこむ。

 

 

そして、

 

「させてくれないと
この前の事全部家族にしゃべる」

 

脅迫までしてきます。

 

 

「ふ…1回だけよ…」

 

 

ベッドの上で、

ズボンを脱ぎ始める恭子叔母さん。

 

 

「あ…あのさあんまり
ジックリみないでくれる?」

 

 

ハンディコミック【【10円CP】叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてver2[フューチャーコミックス]】LP1※スマホ専用

 

 

下着を脱ぐまで、
ジッとみている幸平。

 

 

「ココよ」

 

 

どこに入れるか、
指をさして教えてくれる恭子叔母さん。

 

 

「そのまま奥まで挿入していいわよ」

 

『グイ』

 

 

言われるままに幸平は、
叔母さんの中に入ります。
「おばさんの体の中」

 

 

「あったかくてキツくて…」

 

 

「すっごく気持ちいいや」

 

 

そう言い終わると、
幸平の体は止まってしまう。。。
ハンディコミック【【10円CP】叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてver2[フューチャーコミックス]】LP1※スマホ専用

 

「中にだしたらダメだって!
こーちゃ…」

 

 

叔母さんがそう言う時はすでに、
幸平の精液は出てしまった後でした。

 

 

「それじゃ部屋にもどっ…」

 

「!?」

 

『ズコズコズコズコ…』

 

 

いきなり激しく腰をふりだす幸平。

 

『激しすぎ…』

 

「んっ!」

 

 

その勢いは、止まらず、

何度も何度も繰り返す…。

 

『もうお腹の中が精子で一杯なんだけど…』

 

『ボト…ボト…』

 

幸平の精液が漏れ出していました。
ハンディコミック【【10円CP】叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて】LP1※スマホ専用

 

 

『叔母さんの肉体が気持ち良すぎ4話』は、
翌夜、幸平が叔母さんのベッドに忍び込みます。

 

1回だけね…」

 

叔母さんは幸平に挿入されることを
許してしまいます。

 

 

1回で終わると思ったら、
何度も何度も行為を繰り返す。

 

そして、
幸平の腰の動きも激しくなります。。

 

 

 

『叔母さんの肉体が気持ち良すぎて4話』は、
Handyコミックで64円で読めます。

 

 

 

今なら、1話、2話10円で読めちゃうので、

良かったら読んでください。

 

『叔母さんの肉体は気持ち良すぎて』は

コチラです。

 
ハンディコミック【【10円CP】叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてver2[フューチャーコミックス]】LP1※スマホ専用